自作の小説(ノベル)・歌詞・詩(ポエム)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

ヒッパルコス

作: end123

ここから見上げる宙
真っ暗な宙

そこから見上げる宙
きっと静かで
青々とした僕らの星が

浮かんでいるんだろう


片耳と片手
片足と片目

補って一人前


月に海があったらいいな
この体はゆけなくても
自由な心は夜に迎える

月に海があったらいいな
打ち寄せる
だけど音ない浜辺
見上げた星は青いだろう

欠けた影で占って
地球の浜辺を想って眠って

※この詩(ポエム)"ヒッパルコス"の著作権はend123さんに属します。

作者 end123 さんのコメント

秋の夜は長い。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

杉菜まゆか

2週間1日前 ('20年10月13日 02:39)

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

なんとなく、水面に映る月が連想されます。

end123

2週間前 ('20年10月13日 21:59)

まゆかさん、コメントありがとうございます。
水面に映る月がテーマです。たぶん何百年か後に、誰もが簡単に地球を眺める日が来ると思います。そのとき月は今みたく大事にされてるのか、なんて。
また読んでくださいね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

3位
3位
3位
3位
3位
3位
3位
3位
3位
3位
3位

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。