自作の小説(ノベル)・歌詞・詩(ポエム)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

あてどころに尋ねなし

作:

棚田の底で悲しみが口を開いて笑っている

涼しげな空は屈託もなく笑う

緑は学芸会の子供みたいにはしゃいで

ちょうどぴったり、嘘みたいな現実があらわれた


これはいつぞやの記憶だったかもしれない。

濡れたアスファルトのすえた匂い

効きの甘いブレーキペダル

それは塵の積もった昔話のようだった

何を忘れてきたかな
何を差し出してきたのだろう

勘定することもままならず
悔恨することもなく

そういえばアイツは空だったなと。

一抹の思いに射たれるその間

それが精一杯だと悟る、

今。

※この詩(ポエム)"あてどころに尋ねなし"の著作権は研さんに属します。

作者 さんのコメント

つかの間を捧ぐ。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

3位
3位
3位
3位
3位
3位
3位
3位
3位
3位
3位

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。