自作の小説(ノベル)・歌詞・詩(ポエム)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

幸せそのもの

作: 晴れ時々

冬も終わり まだ咲かぬ桜の下

胸のなかのトキメキと言う名の花を想えたのなら

いま幸せそのもの

春の花を数え 窓をあけたら猫のような背を伸ばして

空の青さに 心を透かしたら 汚れた気持ちが落ちて

アスファルトにこびりつく

初夏の歪んだ道は蜃気楼に包まれた

恋の屈折 ふたりの彷徨い想う気持ち 秋の夕陽に込めて

心すれあって赤くなる 長い冬の夜

ふたり一枚の白い毛布にくるまって

春が苦手な雪だるまみたいに













※この詩(ポエム)"幸せそのもの"の著作権は晴れ時々さんに属します。

作者 晴れ時々 さんのコメント

不幸も幸せも隣り合わせ
その中心でいれば
しあわせそのもの

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

3位
3位
3位
3位
3位
3位
3位
3位
3位
3位
3位

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。