自作の小説(ノベル)・歌詞・詩(ポエム)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

もうない道標

作: 伯耆



痛みに慣れる努力をした
悲しみには向かい合わなかった

絶望は予防の仕方を覚えた
希望は遠くに置いてきた

一人は苦じゃなかった
孤独と友達になった

パンを千切っていくように
たくさんのものを置いてきた

もう後ろにはない道しるべ
もう思い出せない過去たち

もう一人の私が
過去(ほんとう)の私を捨てていった

希望はまだない
絶望ももうない

あるのは虚無と
少しばかりの淡い期待


※この詩(ポエム)"もうない道標"の著作権は伯耆さんに属します。

作者 伯耆 さんのコメント

できるだけ多くを見ないように、気づかないように、痛くないように
そうやって進む方法を見つけていきますよね

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
タイトルいい 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

むー

'17年6月19日 15:23

この詩(ポエム)を評価しました:タイトルいい

伯耆 さん
 こんにちは

>希望はまだない
?絶望ももうない

>あるのは虚無と
>少しばかりの淡い期待

 作者の心境が伝わってくるような詩です。
>少しばかりの淡い期待
 だから人は又前に進めるんですよね。

伯耆

'17年6月28日 14:38

こんにちはむーさん!
ずっとあきらめて生きてきたけどいつだってそういうことがありますよね!
いつもコメントありがとうございます!

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)